旅好き/大学生/海外...

大学生のブログ。旅行や趣味が中心

ベルギー留学 32~35週目(ファームステイ)①

  

32‐35週目です。

最近投稿ができずに、4週間ほどあいてしまいました。31週目までは一か月間の旅行に行っていて、最後にプラハに行った時の記事を書こうと思っていたのですが、時間が空いてしまったのでそれはまた時間があるときに書きたいと思います。

そしてここ4週間ほどはフランスの中央にある田舎の町で過ごしていたので、その事を一気にまとめていきたいと思います。

フランスのどこにいたのかというと、Luçay-le-Maleというところにいました。Chateaurouxという街とToursという街の間にあるのですが、本当に田舎です。

そしてなぜ投稿ができなかったのかというと、今回の目的地に行く前にパリで電車を乗り換えたのですが、電車を待っている間にノートパソコンを盗られてしまったんですね...
朝が早かったのでつい10分か15分ほど駅のベンチで寝てしまって、その隙に盗まれてしまったようです。
そのあとすぐに警察にも届け出たのですが、恐らくもう返ってこないでしょうといった感じで、警察の人も半分諦めたような風でした。パリで物を盗られたらさすがに厳しいんだと思います。一日に恐ろしい数の盗難被害が出ているそうですからね。

 

そんなわけで一ヶ月ほどパソコンのない状態が続いて、ブログの更新も出来ずにいました。

少しずつ思い出しながら書いていきたいと思います。この4週間はフランスにある農家の方のところで、農作業を手伝いながら一緒に生活をしていました。時給などは発生しませんが、その分宿泊代とごはん代がタダになります。学生ビザだと働くことはできないはずなので、自分にとってはちょうど良いシステムだなと思います。

 

今回はWorkawayというサイトを使って、お世話になる農家の方を探しました。このサイトではボランティアを探している人と、ボランティアとして働きたい人のマッチングを行っています。

場所と職種を検索すれば、世界中のどこで誰がどんな仕事内容で人を募集しているのか、ということがすぐに分かります。僕の場合は、「France」、「Agriculturte」、「Farming」などで検索しました。ほかにもガーデニングや子守り、料理、掃除などいろいろなテーマで常に募集がかかっています。

もともとはスイスのアルプス山脈の近くで牧場などの募集があれば行ってみたいなと思っていたのですが、あまり案件が載っていなかったこともあり、行くことはできませんでした。

最終的に、上で書いた通りフランスの田舎にある農家のところに4週間弱お世話になることになりました。ちなみにパリから電車で4‐5時間ほどのところにあるValençayという駅で降りて、そこからさらに車で30分ほど走ったところに農場はあります。そこに行くだけでも一苦労といった感じでした。

f:id:guchiBlog:20170915224744j:plain

 

ここに来るまでは、小さい農家が一つあってそこでゆっくりお手伝いでもしながら暮らすのかなと想像していました。しかしいざ着いてみると、かなり大きなコミュニティがあることに気づきました。ボランティアだけでも常時5‐10人いて、さらに近くには大きなお寺もあってそこに住んでいる人たちとも一緒にいる時間が多く、小さな村で住んでいるみたいな感じでした。

 

f:id:guchiBlog:20170915225039j:plain

お寺というよりもお城ですね。

何の城かというと、ヒンドゥー教の一つであるクリシュナ教のものでした。まさかフランスでインド発祥の宗教に出会えるとは思っていなかったのでかなり驚きました。

このお城の中にクリシュナ教徒の方が20人ほど住んでいました。僕が泊まっていたのはお城ではなく、近くのゲストハウスだったのですが、そこにもクリシュナ教徒の方が何名か住んでいました。

そしてお城とゲストハウスの間にある畑はみんなで共有しているといった感じで、ボランティアの人たちが栽培や収穫を主に担当し、クリシュナの人たちが料理して、最後は一緒に食べるというようなシステムになっていました。

f:id:guchiBlog:20170915224944j:plain

f:id:guchiBlog:20170915224046j:plain

f:id:guchiBlog:20170915223951j:plain

f:id:guchiBlog:20170915225329j:plain

牧場もあって、ここには牝牛が4頭、雄牛が2頭いました。牝牛からは牛乳が毎日とれ、雄牛は農作業の手伝いに使われるといった感じです。ヒンドゥー教では牛は聖なる動物とされていることもあり、丁寧に扱われていました。

 

毎日のスケジュールはというと、朝9時に朝食を食べ、その後1時半まで農作業などその日の仕事を各自が行います。1時半に昼食を食べた後は30分から1時間ほど軽く部屋の掃除や洗い物を手伝います。そのほかの時間は基本的に自由で、何をしてもかまいません。

自由な時間が多く、自然の中でのんびり過ごすことができたのはよかったです。

 

 

毎日このようなスケジュールで動いていたのですが、次の記事から実際にどんな作業を毎日行っていたか、食事はどんなものか、クリシュナ教についても少し探ってきたので、そういうことも詳しく書いていきたいと思います。