旅好き/大学生/海外...

大学生のブログ。旅行や趣味が中心

ベルギー留学 23週目(期末試験について)

 

23週目ですね。

 

今週からいよいよ期末試験が始まっています。日本では10~15くらいの授業を取っていましたが、こっちでは7つだったので、テストの数自体は日本にいる時と比べて少ないです。

ただ、日本での授業は90分だったのに対し、ここの大学では120分が基本なのでその分内容も多くなります。授業によっては週に3時間分あるクラスもありました。僕は履修しませんでしたが。

 

そういうわけで、日本にいる時と変わらないくらい試験範囲はあるのですが、もちろんすべて英語で勉強しないといけないのでその分やはり大変です。

しかも日本で学んでいた内容と少し違う分野の授業を多く取っていたので、それも苦労している要因の一つだと思います。内容自体は面白いのですが試験勉強となると簡単ではないですね。

 

そして試験の形式はというと、個人的には筆記テストが一番多いですが、一つだけ口頭試験の授業もあります。大学全体で見ると口頭試験の授業もかなり多いようです。

僕がとっている授業は、経済や政治、ビジネス系の授業がほとんどなのですが、筆記試験と言っても色々な種類がありました。

一つは、論述形式で質問に対して自由に書いていく問題。これが一番多かったように思います。こちらではオープンクエスチョンと呼ばれているようです。

 

違う形式ではケーススタディというものもありました。ある事柄に関する文章を読んだ後、いくつかの問題答えるというものです。個人的には英文を読むのがそこまで速くないので、この形式はなかなか難しく感じました。

 

後は選択式の問題もありました。俗にいう3択クイズみたいなものです。一見簡単そうに聞こえますが、正誤がはっきりしている分採点はかなりシビアです。普通のテストなら正しい答えの分だけ加点されていくと思いますが、この3択クイズでは正解ならば1点、不正解ならマイナス0.5点、何も書かなければ0点のまま、というような採点基準です。分からない問題はそのままにしておいたほうが良かったりするので、テスト中の戦略も大事になってきます。

しかも問題も細かいところを突いてくるので、今受けた中ではこのテストが一番自信がありません。正直かなり勉強していかないとこのテストでは点数が取れないなと感じました。

でもなかなか日本では見ないパターンの問題だったので面白かったです。

 

 

最後に、口頭試験はまだこれからなのですが、教授と一対一で20~30分くらい話すそうです。これも結構怖いです。入念に準備をしないといけません。

 

 

こんな感じで今週は試験について少し書きました。ちなみに下の写真は試験会場の風景です。

f:id:guchiBlog:20170619231806j:plain

 

大教室で皆一斉に受けるのですが、思えば、このクラスは毎週の授業には30人くらいしか来てなかったはずなのに、試験になると100人以上の生徒が集まっていました 笑

日本でもこんなことあるよな、と思いながらちょっと笑いそうにもなりました。

 

ということでもう少し勉強頑張りたいと思います。