旅好き/大学生/海外...

大学生のブログ。旅行や趣味が中心

ベルギー留学 20週目(プラハ)

 

20週目です。

今週は授業のない日が重なったので、久しぶりに遠出の旅行をしています。

今回はチェコプラハ

中欧の方に来るのは初めてです。来る前のイメージとしては昔ながらの街並みが残っているのかなくらいのことしか思っていなくて、あまりどんな国なのか知らないまま来てしまいました。それでもプラハの街を満喫することができたと思うので、そのことを少し書きたいと思います。

 

まず初日から。

初日はついた時間が結構遅かったので、すぐに晩御飯を食べることに。

皆でチェコ料理が食べられるレストランを探して行きました。もちろんチェコ料理にどんなものがあるかも知らなかったので、おすすめをお店の人に教えてもらいました。

注文したのがこれです。

f:id:guchiBlog:20170530232016j:plain

牛肉を煮込んだものなのですが、メニューの横にビールのマークがついていたのでビールで煮込んでいるのかもしれません。

ベルギーにも似た料理があったなと、ふと思い出しながら食べてみると、これがなかなかおいしかったです。白いパンはもちもちではじめて食べる食感でした。

 

その後向かったのが、Petrin Towerというところです。山の中なのか丘の上なのか、何とも表現しにくいところに立っている塔なのですが、この塔の上からプラハの街が一望できるということで行きました。

f:id:guchiBlog:20170530234358j:plain

 この塔です。

上に登るには料金がかかりますが、そこからの景色はすごく良かったです。

f:id:guchiBlog:20170530234638j:plain

 

 

次の日は、プラハ城とその中にあるSt. Vitus Cathedralという大聖堂に行きました。

f:id:guchiBlog:20170530234752j:plain

これが大聖堂。人の小ささから見ても分かるように、かなり大きいです。そして装飾も細かい。

この辺りにはこの大聖堂の他にも博物館のようなものや、黄金の小路と呼ばれるGolden Laneが集まっていて、そこに行くためのチケットがまとめて売られています。

f:id:guchiBlog:20170531093251j:plain

f:id:guchiBlog:20170531093257j:plain

外の景色はこんな感じ。昼間は25度くらいまで気温が上がっていたので、かなり暑かったです。

博物館などの展示物は英語の字幕しかありませんが、プラハ城の歴史についてはかなり詳しく知ることができると思います。

 

プラハ城の後は、Lennon Wallというところに行きました。

ここには一枚の壁があって、ジョンレノンを忘れないためにいろんな人が思い思いの絵やメッセージを描ける壁だそう。

f:id:guchiBlog:20170530234911j:plain

f:id:guchiBlog:20170530234934j:plain

もはや大部分がぐちゃぐちゃになってしまっているようにも思いますが、ファンは多いのでしょうかね。この時も多くの観光客であふれていました。

 

この日の夜ご飯にもチェコ料理を食べに行きました。

f:id:guchiBlog:20170530234843j:plain

バーベキューセットみたいになってますが、鶏肉、牛肉、野菜が一緒になって出てきました。これを5人で分けてちょうどくらいの量なので、見た目のインパクトはかなり大きかったです。

 

 

最終日にはスカイダイビングをしました。場所はプラハから少し離れたところで、ちょっとしたスポーツセンターのようなところでした。

f:id:guchiBlog:20170601065809j:plain

 

スカイダイビングなんてもちろん初めてで、予備知識も何もなく行きました。ここでは4000mまで小型の飛行機で上がった後、パートナーの人と一緒にそこからダイブします。

 

施設に着くと、まず専用の服に着替えます。

f:id:guchiBlog:20170530235028j:plain

写真はたまたま同じ組になった韓国からの観光客の方です。消防士のような丈夫な服を着せてもらい、準備完了。ちなみになぜかわからないですが、韓国からの観光客がとても多かったです。全体の7割は韓国人だったのではないかと思います。

 

その後、飛び降りる時と地面に着地するときの姿勢を教えてもらい、飛行機に乗りました。

20分くらいかけて4000mまで上がるのですが、外の景色を見てると、ここから飛び降りるのかとだんだん心配にもなりました。

たぶん4000mで飛行機の扉を開けられた時が一番怖ったと思います。

 

それでもパートナーの人と一緒なので、半分その人に押されるような感じで自分も飛びました。

飛んでしまうと、そこからは怖くはありませんが、落ちるスピードが速すぎて息は出来ないし、口もふさがらないし、最初の何十秒かはかなりしんどかったです。

しかも急にパートナーの人が空中で回転するように回りはじめて、その時は本当に苦しかったです、あれは本当にやめてほしかった...笑

景色が見えるわけでもなく、ただただ苦しかったです。慣れてる人にとっては楽しいのかもしれませんが。

 

飛行機から飛んで1分ほどすると、パートナーの人がパラシュートを開いて、そこからはゆっくりと降りていきました。この時はちゃんと景色を見ることができて良かったです。

 

f:id:guchiBlog:20170530235045j:plain

最後はこんな感じで降りてきます。

終わってみれば一瞬だったような気もしますが、後から考えるとあんな高いところから飛んできたんだなと、すこし信じられないような気持にもなりました。

 

個人的に車などでも酔いやすいタイプなので、その影響があると思うのですが、スカイダイビング中は終始若干気持ち悪かったです。おそらく、4000m上がる飛行機で少し酔っていたのかなとも思います。

 

それでも友達はすごく興奮していて、またやりたいとしきりに言っていたのを見ると、好きな人ははまるのかなとも感じました。自分はもうこれで十分かなという気がします 笑

 

こんな感じで今週は以上です。

帰ってからはまたテスト勉強ですね。頑張ります。