旅好き/大学生/海外...

いち大学生のブログ。旅行や趣味が中心

ベルギー留学 18週目

18週目です。

 

最近は気温も徐々に上がってきて、過ごしやすい日が続いています。雨もあまり振らないですね。

そして気温が上がると同時に日もかなり長くなってきました。実は一か月ほど前に夏時間?のようなものが始まって、今は日本との時差は7時間になっているのですが、こっちでは夜の9時を回ってもまだ明るかったりします。

8時に図書館が閉まって外に出ても、まだこんなに明るいです。

f:id:guchiBlog:20170511175858j:plain

f:id:guchiBlog:20170511175931j:plainf:id:guchiBlog:20170511175918j:plain

 

学生も外の広場で座りながらしゃべっていたり、テラスでご飯を食べてたりします。

時間がゆっくり流れている感じがしますね。

 

 

そんな大学内ですが、毎週火曜日と土曜日は広場に市場が出来て、肉や野菜から服など様々なものが売られています。普段はどこかしらに店を持っている人が出張で来るんでしょうか。定かではないです。

そして先週と今週はその市場とは別に、他にも変わったものが少し来てました。

 

まずはこれです。子供たちが遊ぶためのものですが、中には空気で膨らんだ滑り台があって、何人かの子供が遊んでいました。大学内に何個か設置されていて、写真のものはパン屋さんの隣に急に出来ていて、ちょっとびっくりしました。

f:id:guchiBlog:20170511183208j:plain

 

 

動物も来ました。ロバでしょうか。子牛ですかね。詳しくないのでわかりませんが、これも平日、授業に行こうと思って歩いていると、校舎の前に急に設置されていました。

f:id:guchiBlog:20170511183126j:plain

おそらくフランス語では掲示やアナウンスがあったのかもしれませんが、全然知らなかったのでただただ驚きましたね。

 

f:id:guchiBlog:20170511183136j:plain

どうやら動物関連のイベントが行われていたようです。それにしても、朝から結構強い匂いが漂っていて、自分にとってはなかなかしんどかったです 汗

 

そして授業が終わって寮に帰る途中...

f:id:guchiBlog:20170511183149j:plain

せめてこういうのはちゃんと処理しておいてほしいものです。

 

このほかにも特設ステージがつくられてライブが行われたりすることもあって、大学の中といっても本当に自由に使われているなと感じます。

もともと大学と町が混ざっているようなところなので、レストランがあったり、駅があったり、ブランドショップや映画館も一緒にあるので、大学の敷地といった概念ではないのでしょう。

 

 

話は変わりますが今週もう一つ思ったのは、やはりベルギーやヨーロッパの人からすると、アジア系の学生の顔を覚えるのはなかなか難しいのだろうなということです。

 

あるフランス語の授業では、僕以外に中国と台湾出身の学生がいるのですが、教授は2回に1回は台湾と中国の子の名前を間違えてしまいます(教授があまり若くないという理由もあるかもしれませんが)。もちろん自分たちの他にもヨーロッパの国からの学生やラテンアメリカからの学生もいますが、彼らの名前を混同することは少ないような気がします。

確かにアジア学生の名前はこちらではなじみはないでしょう。そもそも漢字だったり、ハングルだったり、言葉が違うのでアジア人同士でも難しいところではあります。

名前がややこしいことに加えて、顔も似て見えるでしょうかね。

僕は逆にベルギーに来てから、顔つきとか雰囲気が似てるなと思う人たちが何人かいましたが、友達に聞いてみると、全然似てないよと言われることがあったりしました。

 

そういうこともあって、教授は顔と名前を覚えるのにかなり苦労しているように見えます。 でもいつも明るくて優しい人なので、この授業は好きな方です。来週フランス語のテストがあるので頑張りたいと思います。