読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅好き/大学生/海外...

いち大学生のブログ。旅行や趣味が中心

ベルギー留学 11週目

11週目です。

最近は旅行が多く、毎週の記事を書くのも遅れがちになってしまいました。

今週は久しぶりに落ち着いて記事を書くことができています。予定がない週末というのもいいですね。

 

最近暖かい日が多くなってきて気づいたのですが、お昼には多くの学生が外で昼食を食べたりだべったりしています。それはいいのですが、皆地べたに座ってしゃべるんですね。

 

f:id:guchiBlog:20170325214447j:plain

汚くないんでしょうか。笑

もう本当にどこにでも座っています。店の前の階段とか、講義棟の廊下とか、地べた大好きなんでしょうか。それなら空き教室とかベンチに座ればいいのになと思うのですが、なぜか外や地べたに座っています。

 

もう一つ気になるのは、いわゆるコンビニがないことです。日本には本当いたるところにありますよね。ローソンの100m先にセブンイレブンがあったり、しかも24時間空いてるのですごく便利です。

飲み物を買ったり軽くご飯を買ったりと日本ではほぼ毎日使っていた気がします。

でもベルギーには(他のヨーロッパの国もそうなのかもしれませんが)コンビニはありません。こっちに来てから一度も見ていないのでそういうことなのでしょう。

しかも、大学の周りにあるスーパーはどこも8時には閉まってしまいます。日本人からするとちょっと早すぎるんじゃない?と思ってしまうのですが、仕方ないです。

それにしても夜にコンビニやスーパーが空いていないというのは結構不便です。

ちょっとした夜食や飲み物を買いに行きたいときとか、明日の朝ごはんを買っておきたいときとか、いつもコンビニがあればなと思ってしまいます。

自販機をほとんど見かけないのも日本と違い不便な部分ですね。

 

 

大学生活の方はというと、最近はシンガポール人の学生とよく一緒にいます。

このブログにも以前少し書いたと思います。

同じ学科にはシンガポールからの留学生は2人いるのですが、二人ともとても英語ができます。一応母語は中国語だと言っているのですが、会話やSNSなどのやり取りを見ていると英語で行っていることも多いです。ほんとすごい。

しかもシンガポール人同士の会話と、他の学生との会話でどうやら英語を使い分けているようです。

実際に聞いてみると、シンガポール人同士で話す時は”シングリッシュ”を使っているんだそうです。シンガポール風にアレンジされた英語らしいです。

彼ら曰く、英語よりも早くシンプルに会話できるのだとか。でもはたから見ると英語なのか中国語なのかもはや判別がつきません 笑 単語は英語をそのまま使っているようですが、いろいろ短縮したり、発音もかなりアクセントがあるので正直ほとんど意味は分からないです。たまに自分たちで作った単語も使ってるっぽいです。

彼らもそれは英語なの?といろんな人に聞かれると言っていました。

ちなみにそんな彼らが話す正式な英語の方も、僕にとっては分かりづらい時が多いです。

とは言っても以前よりは慣れてきたので、これからもっとスムーズに会話できるようにしていきたいですね。

 

ということで今回は以上です!