旅好き/大学生/海外...

いち大学生のブログ。旅行や趣味が中心

ベルギー留学 7週目②(アントワープ、スパ、アジア人留学生事情)

 

またまた7週目です。

前記事ではアントワープ観光について書きましたが、今週は実はスパにも行っていたので、そのことを続きで書いていきたいと思います。

 

スパ

 

スパはベルギーの中でも東の方に位置していて、小さくコンパクトな街です。

f:id:guchiBlog:20170225193507p:plain

ここ。青い位置情報マークのところです。小さい街なのでまだマップに名前は出てきません。

大学からだと電車を乗り継いで3時間くらいかかります!

 

なぜ、こんな町に来たのかというと、スパという名前からも想像がつくかもしれませんが、ここは日本語や英語にもなっているスパ(温泉)の発祥地とも言われているからです。

 

実際、街のいたるところから温泉が湧き出ており、文字通り温泉の町と言えるでしょう。

日本にいる時から銭湯や温泉に行くのが好きだったので、ベルギーにスパがあると知ってからは絶対に行こうと思っていました。

 

駅につくと、飲料水メーカーのSPAの工場?が目につきます。というか、逆にこれくらいしかありません(笑) 右手にある白い建物です。

f:id:guchiBlog:20170225184902j:plain

実際ベルギーに来てからはSPAの水をよく買っているので、気になったりもします。

 

駅はおそらく無人駅でしょう。もともとベルギーの駅には改札がなく、切符の確認は電車内で行われるので、日本に比べても無人駅の確率は高いように感じます。 (切符も機械で買えるようになっています。)

 

 

まず向かったのは、ピエール・ル・グラン源泉(Pouhon Pierre-le-Grand)。

f:id:guchiBlog:20170225185050j:plain

 

ここでは1ユーロで源泉を飲むことができます。観光案内所の中に源泉が飲めるスペースが設けられているという感じです。

こんな感じで蛇口から流れていました。

f:id:guchiBlog:20170225185122j:plain

 

匂いは日本の温泉に来た時とほとんど同じだと思います。 

そして味はというと...

 

f:id:guchiBlog:20170225185141j:plain

 

不味い...(笑) かなり不味いです。温泉の成分が強烈に入っているのはすぐわかりますが、それに加えて微炭酸でもあります。全体的に絶妙に不味くなっています。2口飲んでやめました。

まあ1ユーロなんで記念に飲んで帰るくらいに思っておいた方がいいですね。

 

 

その後は、本日のメインでもある、テルム・ドゥ・スパ(Les Thermes de Spa)。

ここではスパ最大の温泉施設があって、温水プールやサウナがあります。ちなみに3時間で20ユーロ。ちょっと高めですかね。

f:id:guchiBlog:20170225185230j:plain

外観はこんな感じ。

 

温泉というと、お風呂につかるイメージをしてしまいますが、ここにあるのは男女兼用の巨大な温水プール。お風呂に入りたいと思って行くと、少し違うなと感じるかもしれません。

 

f:id:guchiBlog:20170225203155j:plain

出典:http://www.lavenir.net/cnt/dmf20140924_00533315

 

 

中にはカップルからお年寄りまでいろんな年代の方がいました。

泳いだり、おしゃべりしたり、皆様々です。

プールの周りにはレスランのテラス席みたいなのがあって、飲み物を飲んだり軽く食事をすることもできます。

もちろん、こういうベンチもたくさんありました。

f:id:guchiBlog:20170225203842j:plain

出典:https://www.tripadvisor.com/LocationPhotoDirectLink-g230026-d484704-i176833582-Les_Thermes_de_Spa-Spa_Liege_Province_The_Ardennes_Wallonia.html

 

椅子で寝転がって本を読むこともできるし、時間がゆっくり流れているようでした。

 

 

ベルギーサウナ初体験

そして二階にはサウナやマッサージを受けることができる部屋が並んでいます。

個人的にはこのサウナも興味があって楽しみしていました。海外のサウナも日本と同じなんだろうかと。

 

サウナの入り口に来てみると、二手に分かれています。

看板はフランス語なので何が書いてあるのかはよく分かりませんでしたが、どうやら水着を着て入る方と、裸で入る方に分かれているようです。もちろんどちらも男女兼用です。

 

急にこんなことがあるのかと焦りましたが、取りあえず水着ありの方へ入ってみることに。

中には普通のサウナとスチームサウナの2種類がありました。スチームサウナは煙の量が多く、中に入ってもほとんど何も見えません。座るところがあるのかすら判断できず、真ん中あたりをうろうろしていると、ぼやっと中が見えてきて、意外と狭いことに気付きました。

しかもほぼ満員状態で、中にいる人から見たら、こいつ中で何やってんるんだ、みたいに思われていたことでしょう。

ということでほとんど席はなく、スチームサウナはあきらめて普通のサウナをのぞいてみると、なんとこちらも満席状態!

ベルギー人サウナ大好きなんでしょうか...

でもサウナに入っている人は少し年配の方が多かったように思います。

 

参考までに、サウナはこんな感じです。

f:id:guchiBlog:20170225203846j:plain

出典:https://www.tripadvisor.co.uk/LocationPhotoDirectLink-g230026-d484704-i130671099-Les_Thermes_de_Spa-Spa_Liege_Province_The_Ardennes_Wallonia.html

 

ということで、水着無しの方も行ってみることに。

こちらにもスチームサウナと普通のサウナがありましたが、それだけでなく、水風呂やジャグジーありの湯船もあり、日本の銭湯みたいな感じでした。

銭湯好きからすると、これはついに見つけた!という感じです(笑)

 

こちらの水着無しの方はガラガラでした。やはり抵抗があるんでしょうか。しかも男女兼用ですしね。といってもみんなバスタオルで体を隠しているので、日本の銭湯に来たときの雰囲気に似ていると感じました。

唯一の違いは洗い場がないということくらいですかね。これがあれば完璧でした。

 

まずはスチームサウナに入ります。先ほどよりも煙たくはなく、何となく中も見渡せます。奥の隅に二人くらい寝てましたが、気にすることなく座りました。

中の温度はちょうどいいくらいでした。日本の方が若干暑めだと思いますが、サウナ自体はほとんど変わりませんでした。

 

たまに女の人も入ってきたりしますが、皆気にすることもなく思い思いの格好でサウナを楽しんでいるという感じでした。

 

普通のサウナの方にも入ってみましたが、ことらは日本と同じくらい暑かったです。

先にスチームサウナの方に入っていたので、あまり長くは入れませんでした。

最後にジャグジーに浸かってから上がりました。温度はぬるめでちょうどいい感じです。

 

水着無しの方には男性7割女性3割くらいの割合でいたような気がします。

年齢は高齢の方が多く、若い人はほとんどいませんでした。若い人は男女ともにそもそもサウナに入るということをしないのかもしれません。曜日や時間帯によって変わるのかもしれませんが。

 

全体的に振り返ってみると、すごく満足でした。ただ水が少しぬるいので、外のプールもあったりしたのですが、あまり楽しめませんでした。

また夏に来たいと思います(笑)

 

ということで、今回はこれくらいにします。

銭湯好きということで、スパについて思ったよりも長く書いてしまいました。

今週は後もう一つ、友達になったアジア人留学生についても書きたいと思います。