旅好き/大学生/海外...

大学生のブログ。旅行や趣味が中心

ベルギー留学 7週目①(アントワープ) 

 

7週目

 

最近一週間の時間感覚が日本にいる時に近づいてきた気がします。

ベルギーに来てから一か月半くらいですが、来てすぐの頃は住所の登録や銀行口座の開設などしないといけないことが多く、それも慣れない英語で会話をしていたのでずっと緊張しているような感じでした。

さらに、授業が始まってからは内容についていくのに必死で、毎日予習復習に追われているので、気を抜く暇がない状態でした。

そんな中過ごしていると毎日がゆっくりと過ぎていくようで、一日一日がとても重たく感じられるようでした。

 

それでも最近は少しずつ授業にも慣れ(相変わらず分からない部分もありますが)、友達同士で話したり、ご飯を食べる時間が息抜きというか、リフレッシュに思えるようになってきたので、以前ほど緊張はしなくなってきています。

徐々にリラックスして生活が送れるようになってきているので、時間の感じ方も日本にいる時に近づいてきているのかなと思っています。

 

そんな今週はベルギー観光の記事と、周りのアジアからの留学生について思ったことを書きたいと思います。

書いていると思ったよりも長くなってしまったので、今週は3回に分けて更新します! 

 

アントワープ観光

アントワープに行ってきました。

ベルギーの観光地と言えばブリュッセルの次くらいには有名なところだと思います。それでも日本人にはあまりなじみのないものかもしれませんが...

 

ちなみにここです

f:id:guchiBlog:20170225193559p:plain

オランダにも結構近いです。

 

ベルギーはざっくり言うと北半分ではオランダ語、南半分がフランス語、そして東の一部ではドイツ語が話されています。

f:id:guchiBlog:20170225194205j:plain

出典:http://www.sankeibiz.jp/express/photos/141208/exd1412080000001-p2.htm

 

ここはベルギーの中でもオランダ語圏になるので、地図にもオランダ語の’アントウェルペン’で表示されています。英語ではアントワープになります。ちょっとややこしいですね。

 

 

ブリュッセルから電車で1時間弱くらいで到着です。

駅はとても立派!

f:id:guchiBlog:20170225191424j:plain

f:id:guchiBlog:20170225191447j:plain

エスカレーターを上がっていくだけで、圧倒されます。細かいところまで綺麗で、建物自体がとても大きいです。

 

 

建物ばかりに気を取られてしまいますが、よく見るとあちこちにライフルを持った警官が立っていたりします。

f:id:guchiBlog:20170225191532j:plain

ですが、警官も二人で話しながら立っているのでそこまで緊張感はありません。

いつでも撃てるように見張っているというわけではなさそうです。

 

それでも日本とは違うのだなと改めて感じる瞬間でもあります。

 

 

駅から出ると街並みはこんな感じ

f:id:guchiBlog:20170225191509j:plain

この日は晴れていたので歩いているだけとても気持ちよかったです。

 

f:id:guchiBlog:20170225191547j:plain

レストランのテラス席はほぼ満席です。

べたなヨーロッパの景色ですが、いつか自分もここでご飯食べたりするんでしょうかね(笑)

 

 

そして、アントワープと言えばやっぱりノートルダム大聖堂でしょう

なんと14世紀から建てられたというから驚きです。今ではベルギーで一番大きいゴシック教会だそうです。

 

f:id:guchiBlog:20170225191709j:plain

確かに近くまでくるとその大きさが良く分かります。昔の教会だからなのか、とても豪華な造りでした。

 

でも近すぎると大きすぎてうまく写真が撮れなかったです。 

少し遠くから撮ったほうがうまく撮れますね。

f:id:guchiBlog:20170225191611j:plain

奥に見えているのがノートルダム大聖堂です。

この日は中には入りませんでしたが、入場料を払えば中に入れるそうです。次回来た時には見てみたいと思います。

 

 

次に向かったのは市庁舎。

 

アントワープの市庁舎も16世紀に建てられたルネッサンス建築で、一見行政の建物とは思えないほど美しいものでした。

f:id:guchiBlog:20170225191631j:plain

 

 

市庁舎の前には銅像と噴水があり、「地球の歩き方」によると

この像はブラボーという古代ローマの兵士らしく、このあたりで猛威を振るっていた”巨人の手ant”を切り取って”投げたwerpen”という伝説があり、ここからアントワープアントウェルペン)が名づけられたということです。

f:id:guchiBlog:20170225191654j:plain

意味が分かると面白いですね。 

 

 

今回訪れた2か所はアントワープの駅からは30分ほど離れていましたが、そこまでの道はショッピング街みたいになっていて、歩いていても飽きません。

ユニクロも発見しました!

f:id:guchiBlog:20170225191528j:plain

 店の雰囲気は日本とほとんど一緒です。値段は少し高めだったような気がします。

 

ブリュッセルからはそれほど遠くなく、日帰りでも全然いけます。素敵な街だったのでまた来たいと思います。

次はレストランとかに入ってみたいですね。 

 

今回は以上です。次はスパに行った記事を書きます。