読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅好き/大学生/海外...

いち大学生のブログ。旅行や趣味が中心

インド一人旅 6日目

 

(バラナシ)

 

6日目に突入。

 

この日は4時半に起きて、ついにガンジス河で朝日を見に行きます!

まだ暗い中、牛や豚の匂いに紛れながら川まで向かいます。

ほんのり明るくなってきたところで川に到着。

 

f:id:guchiBlog:20161111112243j:plain

なんか幻想的ですね

 

f:id:guchiBlog:20161111112348j:plain

かなり人も集まってきています

 

川の上で朝日を見たいと思い、ボートに乗せてもらうことにしました。

というか、何も言わなくても向こうから話しかけてきます(笑) もちろんお金は払いますが

 

f:id:guchiBlog:20161111112712j:plain

ボートに乗ると結構奥の方まで漕いでくれます。

 

 

そして肝心の朝日が...

 

f:id:guchiBlog:20161111113051j:plain

うーん(笑)

思ってたより地味です。そしてかなり小さい。

おそらく季節の問題もあるのでしょうが、この時期は曇りがちであまりはっきりとは見えませんでした。残念。

 

それでも川から見るガートはいい景色でした。

f:id:guchiBlog:20161111113415j:plain

f:id:guchiBlog:20161111113421j:plain

色鮮やかな建物が多く、そして人々の生活感にあふれる雰囲気は日本では見られない光景ですね。

 

改めて見てみると、ほんとにいろんな人がいます。

川に入って体を洗う人、服を洗う人、モノを売る人、おしゃべりしてる人...見ていて飽きないですね

僕も腰まで川に入ってみましたが、ひんやりしていて気持ちよかったです。肩まで入る勇気はありませんでした(笑)

 

f:id:guchiBlog:20161111114055j:plainf:id:guchiBlog:20161111114058j:plain

 

 

お昼は近くのレストランでカレーを食べました。小ぶりでしたが日本のカレーに近くておいしかったです。

f:id:guchiBlog:20161111114725j:plain

 

その後は、川沿いにある火葬場を見に行きました。

側には火葬で使う薪が積み上げられていて、病院とされているところには死を待っているような人たちも多くいました。

最後にカルマを果たすためだとかで、薪代を要求されていくらか払いましたが、後でガイドブックを読むと、それすら騙されていた可能性もあるようです。本当に何を信じていいか分からないです。

 

f:id:guchiBlog:20161111115244j:plain

積み上げられた薪。とにかく量が多い。

 

 

夜には、毎晩行われているという礼拝を見ました

 

f:id:guchiBlog:20161111115546j:plain

f:id:guchiBlog:20161111115602j:plain

f:id:guchiBlog:20161111115605j:plain

 

これ自体は30分くらいで終わり、意味はあまりよく分かりませんでしたが、とにかく周りの熱気がすごかったです。

みんなボートにまで上がって見ていました。

 

この日は朝から夜まで長い一日ですごく疲れました。このあたりに住んでいる人は、毎日このような生活を送っているのでしょうかね。かなり気になります。

それにしてもみんなすごく生き生きとしていました。

 

明日はもう一度朝日に挑戦してみます!(笑)