旅好き/大学生/海外...

大学生のブログ。旅行や趣味が中心

ベルギー留学 11週目

11週目です。

最近は旅行が多く、毎週の記事を書くのも遅れがちになってしまいました。

今週は久しぶりに落ち着いて記事を書くことができています。予定がない週末というのもいいですね。

 

最近暖かい日が多くなってきて気づいたのですが、お昼には多くの学生が外で昼食を食べたりだべったりしています。それはいいのですが、皆地べたに座ってしゃべるんですね。

 

f:id:guchiBlog:20170325214447j:plain

汚くないんでしょうか。笑

もう本当にどこにでも座っています。店の前の階段とか、講義棟の廊下とか、地べた大好きなんでしょうか。それなら空き教室とかベンチに座ればいいのになと思うのですが、なぜか外や地べたに座っています。

 

もう一つ気になるのは、いわゆるコンビニがないことです。日本には本当いたるところにありますよね。ローソンの100m先にセブンイレブンがあったり、しかも24時間空いてるのですごく便利です。

飲み物を買ったり軽くご飯を買ったりと日本ではほぼ毎日使っていた気がします。

でもベルギーには(他のヨーロッパの国もそうなのかもしれませんが)コンビニはありません。こっちに来てから一度も見ていないのでそういうことなのでしょう。

しかも、大学の周りにあるスーパーはどこも8時には閉まってしまいます。日本人からするとちょっと早すぎるんじゃない?と思ってしまうのですが、仕方ないです。

それにしても夜にコンビニやスーパーが空いていないというのは結構不便です。

ちょっとした夜食や飲み物を買いに行きたいときとか、明日の朝ごはんを買っておきたいときとか、いつもコンビニがあればなと思ってしまいます。

自販機をほとんど見かけないのも日本と違い不便な部分ですね。

 

 

大学生活の方はというと、最近はシンガポール人の学生とよく一緒にいます。

このブログにも以前少し書いたと思います。

同じ学科にはシンガポールからの留学生は2人いるのですが、二人ともとても英語ができます。一応母語は中国語だと言っているのですが、会話やSNSなどのやり取りを見ていると英語で行っていることも多いです。ほんとすごい。

しかもシンガポール人同士の会話と、他の学生との会話でどうやら英語を使い分けているようです。

実際に聞いてみると、シンガポール人同士で話す時は”シングリッシュ”を使っているんだそうです。シンガポール風にアレンジされた英語らしいです。

彼ら曰く、英語よりも早くシンプルに会話できるのだとか。でもはたから見ると英語なのか中国語なのかもはや判別がつきません 笑 単語は英語をそのまま使っているようですが、いろいろ短縮したり、発音もかなりアクセントがあるので正直ほとんど意味は分からないです。たまに自分たちで作った単語も使ってるっぽいです。

彼らもそれは英語なの?といろんな人に聞かれると言っていました。

ちなみにそんな彼らが話す正式な英語の方も、僕にとっては分かりづらい時が多いです。

とは言っても以前よりは慣れてきたので、これからもっとスムーズに会話できるようにしていきたいですね。

 

ということで今回は以上です!

 

 

ベルギー留学 10週目(パリ)

10週目です。

 

最近はグループワークを行う授業が多くなってきました。

大体3~4人で一つの課題を提出します。

グループ内のディスカッションは英語なので、聞き取ることも必要ですし自分も話さないといけません。正直結構難しいです。まだ自分の言いたいことをすらすら言えなかったり、相手の言っていることを理解できないこともあるので、なかなか思うようにはいきません。

グループのメンバーは普段からしゃべる友達が多いので雰囲気はすごくいいのですが、もっと自分も貢献出来たらなといつも感じています。

 

パリ旅行

そんな今週ですが、勉強に追われつつも、先週に引き続き旅行に行ってきました!

なんと今週はパリです。

同じ学科の友達10人と行ってきました。かなり多いです 笑

 

パリはブリュッセルからバスで4時間くらい。アムステルダムまでと同じくらいの距離ですね。今回はFLIXBUSを使っていきました。

ベルギーからの移動なのでパスポートを見せることはあってもハンコは押されません。運転手に一応見せる程度でした。

先週アムステルダムに行ったときはパスポートすら必要なかったです。

今回は同じフランス語圏内の移動だったので、国外に出たという感覚すらありませんでした。

 

週末の休みだけでいろんな国に手軽に行けるのは本当にヨーロッパならではだと思います。

パリではエッフェル塔から凱旋門ルーブル美術館と観光地はほとんど回れたと思います。

 

 まず初めは凱旋門から。

f:id:guchiBlog:20170322004456j:plain

 

凱旋門にはそこまで人はいなかったように思います。もっと大勢の人が集まっているのかと予想していました。

おかげでかなり近くまで行って見ることができました。

f:id:guchiBlog:20170322004648j:plain

ここまでくると迫力があります。彫刻の細部までじっくり見れました。

凱旋門の上に登ることができるようでしたが、今回はあきらめました。次は行ってみたいと思います。

 

 

この後お昼ご飯を食べに行きました。

フランス料理?だと思われるレストランで、比較的安く食べられるところを皆で探しました。

 

人生初のエスカルゴです。なかなかおいしい。

f:id:guchiBlog:20170322005806j:plain

 

肉料理、魚料理ともに良かったですが、個人的には魚がかなりおいしかったです。

f:id:guchiBlog:20170322005808j:plain

f:id:guchiBlog:20170322005812j:plain

 

 

 

この日の夜にはエッフェル塔に行きました。

f:id:guchiBlog:20170322004935j:plain

 

夜にはライトアップがされていてよりきれいです。

エッフェル塔はかなり混んでいました。特に上に登るエスカレーターの入り口には長蛇の列ができていて、おそらく1時間以上は待たないといけないような感じでした。

それでも無料でエッフェル塔の真下まで行くことができます。

f:id:guchiBlog:20170322005200j:plain

 

この日はこれで終了。

ちなみに泊まってた部屋です。ちょっと汚くなってますが...

友達がAirbnbで予約してくれました。部屋は清潔で広くとてもよかったです。

f:id:guchiBlog:20170322010115j:plain

 

 

 

次の日はルーブル美術館に行きました。

フランスに来れば絶対に行きたいと思っていたので今回行けてよかったです。

f:id:guchiBlog:20170322011520j:plain

しかも26歳以下(未満かも)なら入場料がタダ!なんてお得なんでしょう。それだけでまた来たいと思ってしまいます。

 

すでに有名ですが、ルーブル美術館は本当に広かったです。中に5時間くらいいたと思いますが、すべては回りきれませんでした。

 

まず見たのはミロのヴィーナス。

f:id:guchiBlog:20170322013204j:plain

 

やっぱり有名な絵画や彫刻があると写真を撮りたくなりますね。なぜなんでしょうか。

この彫刻の周りにも大勢の人が集まっていて、自分と彫刻のツーショットを何とか撮ろうとしていました。

 

特にモナ・リザの前の人だかりは本当にすごかったです。

自分達も人波にのまれながらようやく前までたどり着きました。

f:id:guchiBlog:20170322013548j:plain

思っていたより小さい絵なんだなと感じました。それに絵までの距離も結構離れていて(たぶんセキュリティの問題)、細部まではっきり見えませんでした。仕方ないですね。 

 

他にも有名な展示はたくさんあったのですが、すべては回りきれず。

途中で疲れてしまいました...

f:id:guchiBlog:20170322013916j:plain

f:id:guchiBlog:20170322013918j:plain

 

この日はルーブル美術館だけで一日潰しました。おそらく次来た時もそうなる気がします。

 

今回のパリ旅行も弾丸ツアーだったので皆帰りのバスは爆睡しながら帰ってきました。

疲れましたが本当に中身の濃い旅行でした。また皆でいけたらいいなと思います。

ベルギー留学 9週目(アムステルダム)

 

9週目ということで3月も半ばです。

日中は暖かい日が多くなってきて過ごしやすいです。そのせいか、部屋の中にも小さい虫がたくさん入ってくるようになりました 泣

よく見ると部屋の中にはすでに3か所もクモの巣が作られていて、小バエみたいなのもぶんぶん飛んでいます。結構嫌なもんです。

ベルギーにはゴキブリがいないと聞いて安心して来たつもりでしたが、やはり他の虫たちは日本と同じようにどこにでもいるということでしょうね。

 

 

今週は日本で同じ大学に通っている友人が遊びに来てくれたので、その子との観光の様子を書いていきます。

その友達もスペインに留学していて、週末を利用して来てくれました。

 

アムステルダム観光

 

観光一か所目はオランダ!アムステルダムです。

いきなりベルギーから出ました 笑

アムステルダムの方が楽しそうだよね、というノリで一泊二日の弾丸ツアーに出かけることに。

 

アムステルダムまではバスで行きました。自分が調べた中では一番安かったユーロラインを利用しました。往復で25ユーロくらいだったと思います。

f:id:guchiBlog:20170314044356j:plain

 

中は結構清潔で、そこまで混んでいることもなくゆっくり寝られました。

f:id:guchiBlog:20170314044512j:plain

 

ブリュッセルからアムステルダムまでバスで3時間半。そして、バス停からアムステルダム中央駅まで電車を使いました。

 

そしていよいよ到着。

f:id:guchiBlog:20170314044707j:plain

 

アムステルダムの駅は東京駅のモデルにもなったらしく、とてもきれい

しばらく駅の周りの景色を見ていましたが、全然飽きません。昔ながらの建物がまだたくさん残っているようで、観光客も多く、にぎわっていました。

 

そしてこの日の目標はハイネケンエクスペリエスに行くことです。

日本でもビールのハイネケンは結構有名だと思いますが、オランダのビールブランドなんですね。

そしてアムステルダムにあるハイネケンの工場(ハイネケンエクスペリエンス)では中を見学したり、ビールが味わえたりと人気スポットになっています。

 

ということで、やってきました。

f:id:guchiBlog:20170314045553j:plain

 

かなり大きな建物です。

中ではハイネケンの歴史や、ビールの作られ方まで本当に細かく知ることができました。

f:id:guchiBlog:20170314045951j:plain

f:id:guchiBlog:20170314045807j:plain

 

見せ方もかなり工夫されていて、ただ展示するだけでなく原材料の味見が出来たり、ちょっとしたアトラクションがあったりと、かなりレベルは高かったです。

f:id:guchiBlog:20170314050013j:plain

 

そしてもちろんビールの試飲もできます!

オランダ語での乾杯を教えてもらって、みんなで飲みます。

f:id:guchiBlog:20170314050256j:plain

先に少し飲んでしまいましたが 笑

あれだけビールの解説をされた後に飲むと、やはりおいしく感じますね。

 

ここでビールを飲んだ後にもツアーは続くのですが、最後にはさらに2杯まで飲むことができました。ちなみに入場料16ユーロなので、それで3杯飲めるということです。それまでの見学もかなり充実していたので、個人的にはおすすめです。

f:id:guchiBlog:20170314050754j:plain

 

ハイネケンエクスペリエンスの後は、晩御飯を食べに行きました。

せっかくなのでオランダ料理を食べたいなと思って探しましたが、そもそもオランダ料理ってあまり聞かないですよね。

調べてみると、煮込み料理が有名らしく、他にはインドネシア料理もおいしいのだとか。

今回はオランダ料理を食べられる店へ行きました。

頼んだのはミートボール。

f:id:guchiBlog:20170314051259j:plain

 

味は美味しかったです。ボリュームが結構あるので満足できました。

ちなみにパンとポテトが無料でついてきました。

 

 

この日はこれで終了。

次の日にはアムステルダム博物館に行きましたが、それは次の記事に書きたいと思います。

今週は忙しいので書けるか怪しいですが...

 

ベルギー留学 8週目②(ゲント)

 

今週ももう一つ記事を書こうと思います。

 

今回はゲント(Gent)へ行ってきました。現地ではヘントと発音するそうです。

ゲントはベルギーのこのあたり。

f:id:guchiBlog:20170309063754p:plain 

オランダ語圏です。

 

ブリュッセルからは電車で45分くらいだったと思います。そんなに遠くないですね。

ゲントは電車の駅から観光の中心である旧市街まで少し距離があるので、トラムを利用しました。

トラムは日本の路面電車みたいなもので、ベルギーの中ではかなり幅広く使われています。

 

f:id:guchiBlog:20170309060452j:plain

 こんな感じで街の中を走っていきます。

バスのように渋滞に巻き込まれることがないので、重宝している人も多いのだとか。

これからも多く利用することになりそうです。

 

ちなみに乗るときはMobibカードという、日本で言うsuicaicocaのようなカードを使いました。大きな駅などでチャージして使うのですが、普通の電車やバスにも使えるようでとても便利です。

 

トラムを降りるとすでに教会がいくつか見えます。(あいにくの雨だったのが少し残念でした...)

f:id:guchiBlog:20170309060549j:plain

 

ゲントには川が流れていて、両岸に昔ながらの建物が並んでいます。

f:id:guchiBlog:20170309054845j:plain

 

ゲントに来て思ったのは街並みが全体的にきれいなことです。普通の道を歩いているだけなのに、教会があったり川が流れていたり、優雅な街といったところでしょうか。

 

 

そんなゲントでまず行ったのはフランドル伯居城です。

f:id:guchiBlog:20170309060721j:plain

 

 なんと12世紀に建てられた城だそうですが、現在まで拷問室や牢屋から裁判所など様々な使われ方をしてきたようです。

 今では中は一般公開されていて、当時の様子を見ることができます。

f:id:guchiBlog:20170309055044j:plain

 

石造りでひんやりしていました。

f:id:guchiBlog:20170309055012j:plain

 

らせん階段はかなり急です。

f:id:guchiBlog:20170309060822j:plain

 

一部の部屋では、当時の拷問器具も展示されていました。

f:id:guchiBlog:20170309054808j:plain

f:id:guchiBlog:20170309054911j:plain

 

城の一番上からの景色はとてもきれいでした。

f:id:guchiBlog:20170309054702j:plain

ゲントの街が360度見渡せます。晴れていればもう少し綺麗だったかもしれません...

とにかくユニークで面白いお城でしたね。

 

次に向かったのは、聖バーフ大聖堂。

ゲントの中では最も大きい教会の一つでしょう。

f:id:guchiBlog:20170314075011j:plain

f:id:guchiBlog:20170314075041j:plain

 

奥の小さい個室には有名な絵が飾られていて、そこに入るのは有料になっていました。

キリスト教に関係するもので予備知識は全然ありませんでしたが、中で日本語の音声ガイドをもらうことができたので、ちゃんと理解することができました。

 

最後に晩御飯を食べました。

ベルギー料理の牛肉のビール煮込み。英語のメニューにはビールシチューと書いてありました。

f:id:guchiBlog:20170314080002j:plain

f:id:guchiBlog:20170314080018j:plain

 

これはなかなかの絶品でした。おそらくとんでもなく長く煮込んでいるのでしょう。

牛肉がとにかく柔らかい。もちろんスープもおいしかったです。ビールの味はそこまで感じませんでした。ビーフシチューに近いようですが、またちょっと違う...説明が難しいですね

 

ということで今回は以上です。

ベルギー留学 8週目①(日本食自炊、ベルギー寿司、散髪)

 

8週目ということで、3月に入りました。

 

相変わらず授業の予習と復習は大変ですが、生活リズムも徐々に整ってきました。

最近はそろそろスポーツを始めたいと思い、スポーツカードを作りました。大学の中には大きなスポーツセンターがあり、そこには体育館やテニスコート、サッカーコートがあり、ボルダリングや柔道、合気道まで思いつくスポーツはほとんど出来るのではないかと思います。

もちろん大学生だけではなく、地域の人にも開かれていて、毎日たくさんの人がスポーツをしています。

 

留学生は20ユーロでスポーツカードが作れました。これで何でもし放題です!

でもベルギー人のクラブに参加するのはまだ少し躊躇してしまう気持ちもあります。

これから自分に合うクラブを探していきたいと思っています。

 

そんな今週は、「日本食を食べたい!」ということで自分でカレーとラーメンを作り、友達とはお寿司を食べに行きました。

また、ベルギーに来て初めての散髪にも行ったので、そのことも書いていきます。

 

 

日本食自炊

 

2週間ほど前、ブリュッセルに日本食材を買いに行った記事を書きましたが、今週はそんな食材を使ってカレーとラーメンを作ってみました。

 

まずはカレー。

ルーは日本にいる時と同じように作ればいいので、そんなに大変ではありません。

f:id:guchiBlog:20170305192051j:plain

 

苦労したのはご飯の方でした。炊飯器がないので鍋で炊かないといけないのですが、そもそも計量カップがありません!

なのでお米の量も水の量も目分量です 笑

鍋で炊くのも初めてなので、かなりハードルが高い。

 

それでもカレールーだけ食べるわけにもいかないので、勢いでやってみることに。

出来上がりはこんな感じ。

f:id:guchiBlog:20170305190929j:plain

意外とおいしく炊けていました。

ちなみにタイ米です。

 

カレーは少し辛かったですが、初めてにしてはおいしくできました。

f:id:guchiBlog:20170305190913j:plain

 

 

次はラーメンです。

今回はだしから作ってみました。本当にオリジナルのラーメンです。

 

鶏ガラのスープを作ろうと思ったのですが、鶏ガラなんて売ってなかったので、手羽先を代用することに。あとは野菜と一緒に煮込んでいきます。

f:id:guchiBlog:20170305190757j:plain

 

だしができれば、醤油とかいろいろ混ぜながらスープを作りました。

本当クックパッドがあればどこでも暮らしていけそうな気がします。

f:id:guchiBlog:20170305190731j:plain

なかなかおいしかったです!

 

でも日本食を本気で作ろうと思えばなかなか時間がかかりますね。

  

 

ベルギー寿司初挑戦

 

ということで、今度は友達とお寿司を食べに行くことに。

大学の中にもお寿司を食べられるレストランが2店舗あり、日本食の広がりを感じます。

 

もちろん回転すしのようなシステムはなく、一つ一つ注文するスタイルです。

 

 

そしてテーブルにはお箸が。

でもスプーンやフォークみたいに縦に置かれると違和感ありすぎます 笑

f:id:guchiBlog:20170305190645j:plain

 それでもちゃんと日本のお箸です。

 

値段は日本よりも若干高め。まあそれは仕方ないですね。

そして日本と違って握りの種類はすごく少ない!おそらく10種類もなかった気がします。

その代わりというのか、巻きの種類がやたらと多く、それも日本の恵方巻みたいにいろんな具が入っています。

f:id:guchiBlog:20170305190706j:plain

日本みたいに2貫ずつとかではなく、大皿で出てきました。

 

味はおいしいのですが、日本で食べるものとはやっぱり違います。

見た目からも分かるように、ちょっとお洒落なものという位置づけなのかもしれません。お客さんも若い女性が多かったと思います。

 

 

散髪

今週は散髪も行きました。

海外で散髪に行くのはもちろん初めてなので、こっちに来てからもずっと心配でした。

大学の中に散髪屋や美容院はいくつかあるのですが、どこがいいのかも分からないので、どうしようかと悩んでいました。

でもそろそろ切らないとまずいところまできたので切りに行くことに。先週友達が散髪に行っていたので、同じところを紹介してもらいました。

f:id:guchiBlog:20170305194604j:plain

外観です。

 

髪型をどうしようか考えていたのですが、せっかくベルギーに来ているので新しい髪形でもいいかなと思い、「髪型はお任せします。坊主だけはやめてください!」とだけ言いました。

すると「一つ君に似合う髪型があるよ。」と自信満々で答えてくれたので、それをお願いすることに。

 

どうなるかなと思い見ていると、まずはバリカン。確かに髪の毛の量がだいぶ増えていたので、まあ最初はそんなものかとみていたのですが、バリカンがいつまでたっても終わりません。

バリカンの刃は何度か変えながら長さは調節しているようでしたが、そろそろハサミでと整えてほしいなと心の中ではずっと思っていました。

よくよく見てみると、この店にいる2人の美容師は二人とも坊主です。僕の後から入ってきたお客さんも坊主にしているようで、それに気づいてからは途端に不安になりました。

 

10分か15分ほどバリカンで剃られた後、ようやくハサミが登場。とりあえず安心しました。ハサミも軽快に使いこなし、どんどん進んでいきます。

結構短くなるなと覚悟していると、突然終わりました。モヒカンの一歩手前みたいな感じで悪くはありませんが、毎日セットしないとそのままではかなり変な髪形です 笑

 

それでもベルギーっぽくなったので良しとしましょう。

 

次散髪に行くのは、また2か月後くらいでしょうか。その時もまた新しい髪形に挑戦しているかもしれません。

 

 

ベルギー留学 7週目③(アジア人留学生事情)

 

7週目、最後の記事です。

前回までは観光のことでしたが、今回は身の回りのことを書いてみました。

 

アジア人留学生事情

 

ここでは、ベルギーに留学に来てからよく話すようになった友達のことについて少し書きたいと思います。

 

授業が始まって3週間がたち、徐々に話す友達も増えてきました。

ベルギーという、日本で普通に暮らしていたら一生に一回行くかどうかという微妙なところに来ているので、日本人はおろかアジア系の人も全体数に比べればほとんどいません。

先週コット漫画の記事を書きましたが、そこで出会った日本人先輩の人にも「なぜここを選んでしまったんだ」みたいなことを言われたのが印象的です(笑)

 

ということで、周りを見渡してみると、同じタイミングで留学生として入学した日本人は自分1人。韓国人も1人。台湾人が4人くらい。マカオから2人くらい。中国本土から5人くらい。そしてシンガポールから2人。(まだちゃんと全員を把握しているわけではありませんが...)

 

大体10人~15人くらいが何となくいつも話すグループになりつつあります。

日本人と韓国人以外は皆中国語を話せるので、みんなで集まっていても中国語で話している時も多いです。

もちろん僕は中国語を話せませんし、韓国人の子も中国語は話せないので彼らとは英語で話をします。

 

やはりアジア人はアジア人で集まってしまうものなのでしょうか。確かに顔つきが似ているというだけで親近感がわいてきますし、話も何となく合います。

 

そんな彼らと一緒にいて思うのは、皆英語がかなりうまいということです。

特に台湾人とシンガポール人。

これは出身国の問題なのか、たまたまここにきている学生がそうなのか、母体数が少ないのでよくわかりませんが、それでもいつもすごいなと感心してしまいます。

中国本土からの留学生の中には英語能力にもばらつきがあるように見えます。と言っても自分がおそらくこの中では一番できないような気がしますが...(笑)

 

台湾の子と話をしているときは、英語は結構分かりやすいです。変なアクセントがないからなのか、会話も比較的スムーズに行えます。

しかし、シンガポール人の子と話をしているときはいまだにかなり苦労します。そもそも会話のスピードが速いということもありますが、かなりアクセントがきついようです。

最初はただただ速過ぎてついていけないだけなのかと思っていましたが、台湾の子も中国の子も彼らはアクセントがきついでしょう、と言っているので、自分だけではなかったようです。

 

ですが、授業ではそのシンガポール人2人と同じグループを組んで課題をすることになったので、これから頑張らないといけません。

2人とも院生で、英語力、知識共に自分よりもかなり優れているので、そんな彼らと一緒にいられるのはとても刺激的です。英語の表現でもたくさんのことを学ぶことができます。

それに2人とも友達としてとても好きなのでいいグループだなと感じています。

 

日本語人気?

英語力の他にもすぐに気になったことが、かなりの確率で皆日本語を勉強したことがあるということです。

これはすごく面白かったのですが、台湾からの3人、シンガポールからの2人、中国からの1人が日本語を半年から1年は勉強したことがあるそうです。

特にシンガポールからの一人と台湾からの一人は結構本格的に勉強していたようで、日本語の単語を結構覚えていました。

日本人が一人しかいないということもあるでしょうが、みんな面白がって「これ日本語ではどういうの?」みたいに話しかけてくれます。

 

日本人としてはうれしいことで、自分も喜んで日本語を教えています。

日本語だけでなく、日本食や日本そのものにも関心がある人が多いので、日本食を作ってほしいと言われることもあります。

 

僕は日本では自炊をした経験がほとんどないので、ベルギーに来てから必死に料理も勉強しています。

これから日本に旅行する人もいて、日本についての話でもよく盛り上がっています。 

 

そんなバラエティ豊かな人達に出会えるのも留学の醍醐味だと思います。

自分はこのタイミングできたからこそ今の人たちに出会えたわけなので、不思議な縁だなと思ったりもします。

 運よく楽しい仲間に出会えたのは、本当に良かったです。

彼らのほとんどは半年で帰ってしまうのですが、それまでは一緒に頑張りたいですね。

 

写真が一枚もなかったので、最近皆で作った晩御飯を載せます!

主に台湾と中国の料理ですが、どれもおいしかったですね。

f:id:guchiBlog:20170225210341j:plain

 

ベルギー留学 7週目②(スパ)

 

またまた7週目です。

前記事ではアントワープ観光について書きましたが、今週は実はスパにも行っていたので、そのことを続きで書いていきたいと思います。

 

スパ

 

スパはベルギーの中でも東の方に位置していて、小さくコンパクトな街です。

f:id:guchiBlog:20170225193507p:plain

ここ。青い位置情報マークのところです。小さい街なのでまだマップに名前は出てきません。

大学からだと電車を乗り継いで3時間くらいかかります!

 

なぜ、こんな町に来たのかというと、スパという名前からも想像がつくかもしれませんが、ここは日本語や英語にもなっているスパ(温泉)の発祥地とも言われているからです。

 

実際、街のいたるところから温泉が湧き出ており、文字通り温泉の町と言えるでしょう。

日本にいる時から銭湯や温泉に行くのが好きだったので、ベルギーにスパがあると知ってからは絶対に行こうと思っていました。

 

駅につくと、飲料水メーカーのSPAの工場?が目につきます。というか、逆にこれくらいしかありません(笑) 右手にある白い建物です。

f:id:guchiBlog:20170225184902j:plain

実際ベルギーに来てからはSPAの水をよく買っているので、気になったりもします。

 

駅はおそらく無人駅でしょう。もともとベルギーの駅には改札がなく、切符の確認は電車内で行われるので、日本に比べても無人駅の確率は高いように感じます。 (切符も機械で買えるようになっています。)

 

 

まず向かったのは、ピエール・ル・グラン源泉(Pouhon Pierre-le-Grand)。

f:id:guchiBlog:20170225185050j:plain

 

ここでは1ユーロで源泉を飲むことができます。観光案内所の中に源泉が飲めるスペースが設けられているという感じです。

こんな感じで蛇口から流れていました。

f:id:guchiBlog:20170225185122j:plain

 

匂いは日本の温泉に来た時とほとんど同じだと思います。 

そして味はというと...

 

f:id:guchiBlog:20170225185141j:plain

 

不味い...(笑) かなり不味いです。温泉の成分が強烈に入っているのはすぐわかりますが、それに加えて微炭酸でもあります。全体的に絶妙に不味くなっています。2口飲んでやめました。

まあ1ユーロなんで記念に飲んで帰るくらいに思っておいた方がいいですね。

 

 

その後は、本日のメインでもある、テルム・ドゥ・スパ(Les Thermes de Spa)。

ここではスパ最大の温泉施設があって、温水プールやサウナがあります。ちなみに3時間で20ユーロ。ちょっと高めですかね。

f:id:guchiBlog:20170225185230j:plain

外観はこんな感じ。

 

温泉というと、お風呂につかるイメージをしてしまいますが、ここにあるのは男女兼用の巨大な温水プール。お風呂に入りたいと思って行くと、少し違うなと感じるかもしれません。

 

f:id:guchiBlog:20170225203155j:plain

出典:http://www.lavenir.net/cnt/dmf20140924_00533315

 

 

中にはカップルからお年寄りまでいろんな年代の方がいました。

泳いだり、おしゃべりしたり、皆様々です。

プールの周りにはレスランのテラス席みたいなのがあって、飲み物を飲んだり軽く食事をすることもできます。

もちろん、こういうベンチもたくさんありました。

f:id:guchiBlog:20170225203842j:plain

出典:https://www.tripadvisor.com/LocationPhotoDirectLink-g230026-d484704-i176833582-Les_Thermes_de_Spa-Spa_Liege_Province_The_Ardennes_Wallonia.html

 

椅子で寝転がって本を読むこともできるし、時間がゆっくり流れているようでした。

 

 

ベルギーサウナ初体験

そして二階にはサウナやマッサージを受けることができる部屋が並んでいます。

個人的にはこのサウナも興味があって楽しみしていました。海外のサウナも日本と同じなんだろうかと。

 

サウナの入り口に来てみると、二手に分かれています。

看板はフランス語なので何が書いてあるのかはよく分かりませんでしたが、どうやら水着を着て入る方と、裸で入る方に分かれているようです。もちろんどちらも男女兼用です。

 

急にこんなことがあるのかと焦りましたが、取りあえず水着ありの方へ入ってみることに。

中には普通のサウナとスチームサウナの2種類がありました。スチームサウナは煙の量が多く、中に入ってもほとんど何も見えません。座るところがあるのかすら判断できず、真ん中あたりをうろうろしていると、ぼやっと中が見えてきて、意外と狭いことに気付きました。

しかもほぼ満員状態で、中にいる人から見たら、こいつ中で何やってんるんだ、みたいに思われていたことでしょう。

ということでほとんど席はなく、スチームサウナはあきらめて普通のサウナをのぞいてみると、なんとこちらも満席状態!

ベルギー人サウナ大好きなんでしょうか...

でもサウナに入っている人は少し年配の方が多かったように思います。

 

参考までに、サウナはこんな感じです。

f:id:guchiBlog:20170225203846j:plain

出典:https://www.tripadvisor.co.uk/LocationPhotoDirectLink-g230026-d484704-i130671099-Les_Thermes_de_Spa-Spa_Liege_Province_The_Ardennes_Wallonia.html

 

ということで、水着無しの方も行ってみることに。

こちらにもスチームサウナと普通のサウナがありましたが、それだけでなく、水風呂やジャグジーありの湯船もあり、日本の銭湯みたいな感じでした。

銭湯好きからすると、これはついに見つけた!という感じです(笑)

 

こちらの水着無しの方はガラガラでした。やはり抵抗があるんでしょうか。しかも男女兼用ですしね。といってもみんなバスタオルで体を隠しているので、日本の銭湯に来たときの雰囲気に似ていると感じました。

唯一の違いは洗い場がないということくらいですかね。これがあれば完璧でした。

 

まずはスチームサウナに入ります。先ほどよりも煙たくはなく、何となく中も見渡せます。奥の隅に二人くらい寝てましたが、気にすることなく座りました。

中の温度はちょうどいいくらいでした。日本の方が若干暑めだと思いますが、サウナ自体はほとんど変わりませんでした。

 

たまに女の人も入ってきたりしますが、皆気にすることもなく思い思いの格好でサウナを楽しんでいるという感じでした。

 

普通のサウナの方にも入ってみましたが、ことらは日本と同じくらい暑かったです。

先にスチームサウナの方に入っていたので、あまり長くは入れませんでした。

最後にジャグジーに浸かってから上がりました。温度はぬるめでちょうどいい感じです。

 

水着無しの方には男性7割女性3割くらいの割合でいたような気がします。

年齢は高齢の方が多く、若い人はほとんどいませんでした。若い人は男女ともにそもそもサウナに入るということをしないのかもしれません。曜日や時間帯によって変わるのかもしれませんが。

 

全体的に振り返ってみると、すごく満足でした。ただ水が少しぬるいので、外のプールもあったりしたのですが、あまり楽しめませんでした。

また夏に来たいと思います(笑)

 

ということで、今回はこれくらいにします。

銭湯好きということで、スパについて思ったよりも長く書いてしまいました。

今週は後もう一つ、友達になったアジア人留学生についても書きたいと思います。