旅好き/大学生/海外...

大学生のブログ。旅行や趣味が中心

ベルギー留学 44週目

44週目です。

 

今週で今学期の授業も半分が終了しました。早いです。残りの期間もあっという間に過ぎてしまうのでしょうかね。

勉強のペースは固まってきて、平日の行動パターンも最近は同じになってきました。今学期は課題がたくさんあるので平日は結構勉強に充てる時間が多いように感じます。

 

それでも週末は暇なことが多いので今週はルームメイトとオランダに旅行に行きました。かなり急に決まったので計画も全然立てていなかったのですがとにかく行ってみることに。

今学期はオランダに多く来ている気がしますが、やはり近くて行きやすいというはあると思います。

今回はEindhovenという町に泊まりました。ルームメイトの友達がそこに住んでいて、その子の家でお世話になりました。そしてそこを拠点にしつつロッテルダムアムステルダムを旅行しました。

 

ロッテルダムは初めて来たのですが、残念ながら着いたのが夜遅くであまり多くは回れませんでした。

f:id:guchiBlog:20171112075413j:plain

 

とりあえず何か食べたいということで、Markthal(Market Hall) というところに行きました。

f:id:guchiBlog:20171112075039j:plain

中の壁がすごくカラフルで外から見てもかなりの存在感でした。大きい建物が丸ごと市場のようになっていて、中にはレストランやスーパーもたくさん入っていました。

f:id:guchiBlog:20171112075104j:plain

f:id:guchiBlog:20171112075119j:plain

 

バーみたいなところから日本料理屋さんまでいろんな種類のお店がありましたが、結局ハンバーガー屋さんで食べることにしました。

f:id:guchiBlog:20171112075138j:plain

f:id:guchiBlog:20171112075153j:plain

8ユーロくらいだったのでそんなに高くもなかったですし、味もおいしかったです。当日地元の人に教えてもらったところでしたが、すごくいいいところでした。

 

ロッテルダムではここにしか来れませんでした。Eindhovenという町はオランダの中でも南の方に位置していて、ベルギーにかなり近いです。毎晩そこに帰らないといけなかったので、夜は少し早い時間に電車に乗らないといけませんでした。

 

アムステルダムも観光しましたが、そのEindhovenという町からの日帰りだったのでここでもあまり時間はとれませんでした。

着いたのがお昼頃だったので、早速レストランで昼食をとりました。

f:id:guchiBlog:20171112075208j:plain

豚肉なのですが、実は食べ放題で好きなだけお替りできました。もともとボリュームがあるので2枚しか食べられませんでしたが...

ちなみにここはスポーツバーでこの時はラグビーの試合が放送されていました。週末ということもあってすごく盛り上がってましたね。

 

そのあと街をぶらぶら歩いたりして適当に観光していたのですが、そうこうしているうちに周りも暗くなってきました。最近は日が暮れるのもかなり早くなってきたなと感じます。個人的には夜の景色も綺麗で結構好きです。

f:id:guchiBlog:20171112075247j:plain

 

夜になっても街の中心は人で溢れていて、タバコを吸ったりお酒を飲んだりしながらしゃべっている人が多かったです。アムステルダムは娯楽に関しては事欠かないですし、常に人が絶えないですね。

f:id:guchiBlog:20171112075259j:plain

f:id:guchiBlog:20171112075312j:plain

 

それにしてもオランダは電車がすごい高いと思います。ベルギーならいろんな割引があって、どこに行くにしても5ユーロあれば十分ですが、ここでは20ユーロもかかりました。自分が知らないだけでもっと安い買い方があるのでしょうか。

f:id:guchiBlog:20171112075336j:plain



最終日はRoermondというところにあるアウトレットに行きました。

f:id:guchiBlog:20171113201419j:plain

 

駅から15分くらい歩きましたが、天気も良くなくてすごく寒かったです。

入り口はこんな感じでちょっとしたテーマパークっぽい雰囲気です。

f:id:guchiBlog:20171113201430j:plain

 

中はすごく広くて、アディダスやナイキなどのスポーツ商品を扱うお店から高級ブランド店まで様々でした。レストランやカフェもあるのでその気になれば一日中ここで時間をつぶせると思います。

f:id:guchiBlog:20171113201456j:plain

f:id:guchiBlog:20171113201442j:plain

結局そんなに多くの物は買わなかったのですが、確かに靴などを見ていても普通によりはかないやすい値段で売られていたのでお得だと思います。自分の買いたかったものも買えたので満足でした。

 

 

ということで今週は以上です。

最近急に寒くなってきていて、天気も曇りか雨が降ったり止んだりといった状態で嫌な感じです。これから冬にかけてはずっとこういう天気が続くんでしょうかね。もう少し晴れの日が多いとうれしいのですが。

ベルギー留学 43週目

43週目です。

 

今週は本当に何もしなかったです。

いつものようにクラスに行き、課題を提出しました。

 

週末はサッカーのクラブに行きました。普段は平日のクラブだけで土曜日は行かないのですが、何もすることがなかったので試しに行ってみました。ベルギーの学生は毎週末実家に帰る人が多いので、土曜日はあまり人は多くないのかなと思っていたのですが、いつもより人が多くてびっくりしました。しかも雨まで降ってたのに40人弱くらい集まったと思います。

平日よりサッカーのうまい人が多く来ていて、時間も2時間半といつもの倍以上だったこともあり、かなり疲れました。

 

それ以外は特に何もしなかったですね。

授業で知り合った学生が日本の長崎に留学したことが分かり、ちょっと話をしたくらいでしょうか。

日本はスーパーが夜遅くまで空いているのが良かったと言っていて、特にコンビニがすごく便利で大好きだったらしいです。確かにコンビニがないのはたまに不便だなと感じますね。

 

今週はこれくらいです。まあこういう週もありますよね。

来週はもうちょっと他のこともすると思います。

ベルギー留学 42週目②(マーストリヒト)

42週目の続きです。

 

今週は週末にオランダのマーストリヒトにも行ってきました。

 

マーストリヒト

今回は小規模の音楽コンサートがあり、友人がたまたまそのチケットをとることができたので一緒に行ってきました。ちなみに前回に引き続きその友人とヒッチハイクマーストリヒトに向かいました。

 

f:id:guchiBlog:20171029055044j:plain

大学の近くからヒッチハイクをスタートさせたのですが、前回ハーグまでヒッチハイクをした時よりも時間がかかって少し大変でした。最終的に6台の車に乗せてもらったのですが、少し回り道をしないといけなかったり場所によっては30分以上待ったりもしたので、前回よりはしんどかったですね。

 

f:id:guchiBlog:20171029055056j:plain

行き先を書いたサインも何度か書き直しながら進みました(最初はLeuvenという町までのサインを使いました)。一緒にヒッチハイクをした友達によると、いきなり最終の目的地を書いてもあまり停まってくれないので、小刻みに新しいサインを書いたほうがいいそうです。

 

f:id:guchiBlog:20171029055108j:plain

途中でトラックの運転手の方にも乗せてもらいました。トラックは普通の車よりもゆっくり進むので周りの景色なども楽しみながら進めました。個人的にはトラックの中の高い視点からゆっくり高速道路を進むのが心地よくて、とても好きです。

乗せてもらった方には毎回日本のお菓子(ハイチュウなど)を渡しているのですが、このトラックの運転手の方にはお昼ごはんように持ってきていたおにぎりも一つ渡しました。すごくいい人で、僕も友人もいい気分になったのでおにぎりも一緒にプレゼントしました。中には鮭を入れたのですが、気に入ってくれたでしょうか。

 

そのほかにもベルギーの軍隊に所属している方や、自分たちと同じような学生の方の車にも今回はお世話になりました。普段会えないような人と話す機会はとても貴重ですし、同時にすごく楽しい時間でもあるので、ヒッチハイクはどの国でしてもいい思い出になるなといつも思います。

 

そんなわけで、何とかマーストリヒトまでたどり着きました。この週末は若干曇りがちで気温もかなり下がっていたので、あまり観光はできませんでした。予想していたより寒くて、もう少し服を持ってきておいたら良かったと後悔したくらいです。

 

それでもせっかく新しい街に来ているので、少しは観光してきました。

街の中心にある広場でマーケットが開かれていたので、まずはそこに行ってきました。

f:id:guchiBlog:20171029055249j:plainf:id:guchiBlog:20171029055236j:plain

ほかの街でもこういったマーケットは見たことがありましたが、マーストリヒトはかなり大きいほうだと思います。

骨董品や昔の時計など、いらなくなったものを売っている人もいれば、イヤリングやブレスレットなど装飾品を売っている人まで様々でしたね。

 

f:id:guchiBlog:20171029055304j:plain

個人的には昔のポストカードと、サッカークラブのバッジをいくつか買いました。寒さで手が凍えていましたが、何とか自分の好みのものを探して買うことができました。満足です。

 

マーケットの後は、外が寒すぎたので室内の美術館に行きました。

ボネファンテン美術館というそうです。

f:id:guchiBlog:20171029054918j:plain

 

ここでは16,17世紀の絵画から、現代アートまで幅広く展示されていて、なかなかほかの美術館とは少し違った雰囲気でした。

階によってテーマが分かれているのですが、展示方法もそれぞれ違って全然飽きなかったです。

 

f:id:guchiBlog:20171029055317j:plain

f:id:guchiBlog:20171029055329j:plain

有名なものとしてはブリューゲルの絵画が多く展示されていました。

他にもベルギーで描かれたり、ベルギーの街がモデルとなっている絵画が多くあって、個人的にはすごく楽しめました。

 

f:id:guchiBlog:20171029055352j:plain

f:id:guchiBlog:20171029055500j:plain

他の階には現代社会への風刺が描かれた作品が多く展示されていたり、五感を使って楽しむものもあったりして面白かったです。

でも現代アートのように一見何を表しているのか分からないような絵画で、しかもタイトルがついていなかったりすると、どういう風に見たらいいのか混乱してしまうことも多くて最後は少し疲れました。結局よく理解できなかった作品も多くありましたね...

 

 

観光したのはこれくらいで、あとはメインのコンサートに行きました。

Sofar Soundsというコンサートらしく、チケットをとった友人に教えてもらったのですが、参加費は無料で応募すればチケットが当選したか後で連絡が来るそうです。そして場所も毎回どこで開催されるかはシークレットになっていて、参加者にはどの都市で開かれるかだけあらかじめ知らされているだけ、しかも具体的な住所は前日か前々日くらいにならないと分からないそうです。どんなアーティストが来るかも当日のお楽しみです。

 

初めて聞いたときは正直ぜんぜんイメージが湧かなくて不安もあったのですが、結果的に言うとすごくいいコンサートでした。

f:id:guchiBlog:20171101081713j:plain

入り口には小さいチラシだけが貼ってあって、それだけが目印です。ほかの人が来ても多分気付かないくらいでした。

 

f:id:guchiBlog:20171101081754j:plain

会場は普通の家を解放したようなところで、お客さんもあわせて20-30人程度でした。司会の人が一人と、アーティストが3組、カメラマンが二人ほどいました。終始穏やかでアットホームな雰囲気で進みました。

 

こんな感じでアーティストの人を囲むように座って歌を聴きました。普段音楽ライブにもあまり行かないので分からないのですが、自分にとってはとても新鮮な空間でした。

 

f:id:guchiBlog:20171101081506j:plain

ちなみに無料のコーヒーと手作りのケーキなども食べ放題でそれにも感動しましたね。こういうのは毎回場所によって変わるそうですが。結局コンサートも聞けて、ケーキも食べられてすごく豪華だったと思います。

 

実は今回はバスの時間の都合で最後までいることができず、とても残念だったのですが、それでも十分楽しむことができました。

 

というわけで、週末はなかなか盛沢山という感じでしたが、マーストリヒトの街並みもコンサートも見ることができて満足でした。

また勉強も頑張ります。

ベルギー留学 42週目①(Les 24h Vélo)

42週目です。

 

今週はベルギー出身の学生と話す機会がありました。その時にベルギーにはフランス語圏とオランダ語圏(ドイツ語圏も少し)があって面白いね、というような趣旨のことを言うと、その学生はベルギーは一つの国じゃないように感じる時があると話してくれました。

今のベルギーがある地域は長い間ドイツやフランスなどの大国に囲まれていたこともあり、ベルギーという国が独立してからはそれほどまだ長くはないそうです。なのでその子の感覚では、国の中で話す言葉も違うしベルギーという国自体の歴史はほとんどないような感じもすると言っていました。

確かにベルギーくらい小さい国の中で、お互いに言葉が通じないというのはなかなか不思議な気もしますね。

自分が今留学している大学も、もともとは国内の言語紛争の結果生まれているので、今でもオランダ語圏とフランス語圏であまり仲がいいというわけではないのかもしれません。その子も、なぜ言葉も文化も違うのに一つの国としてこれまでやってこれたのか不思議だと言っていました。

人によってもちろん考え方は違うと思いますが、その学生はフランス語圏出身だったので、フランスの文化やフランスの国自体にすごく親近感を覚えるそうです。ベルギー人としてのアイデンティティが人々の間でどのように共有されているのか、とても気になるところです。

 

 Les 24h Vélo

そんな今週は留学中のルーヴァン・ラ・ヌーヴという町でLes 24h Véloというフェスティバルがありました。このフェスティバルではルーヴァン・ラ・ヌーヴ内に設置されたコースに沿って、参加者が24時間自転車をこぎ続けるという競技がおこなわれます。町自体が大きくないので参加者はコースを何十周(ひょっとしたら百周以上)も回り続けることになります。

 

自転車といっても、ロードバイクで参加する人も入れば仮装して楽しみながら参加する人もいて、とても自由でした。学生の他に一般の方も多くいたと思います。

f:id:guchiBlog:20171029054935j:plain

f:id:guchiBlog:20171029054954j:plain

道路は規制されていて、マラソンコースのように自転車レーンが特別につくられていました。 

 

町の広場にも特設ステージができて、多くの人でにぎわってましたね。

f:id:guchiBlog:20171029055014j:plain

 

そしてこのフェスティバルの間は、自転車のレースだけでなくライブ会場も開設されて、夜通しクラブミュージックが流されていました。噂によるとこの自転車レースと音楽フェスのために7万人ほどの人が来るそうです。もちろんこの街にはそこまでのキャパはないので、多くの人は夜通し起きて友人としゃべったりパーティーに参加しているのだと思います。

ちなみにこのフェスティバルはヨーロッパの中でも有数のビールの消費量を誇るそうです。さすがベルギーですね。

 

午前中は自転車レースを少し応援したり、特設のアクティビティで遊びました。午後は勉強していてあまり見れませんでしたが、夜1時ごろにめどがついたので夜のフェスティバルがどんな感じなのか見に行ってみることにしました。

 

f:id:guchiBlog:20171029055240j:plain 

 

夜中になっても多くの人が集まって踊ったり、ビールを飲んだりしていましたね。

自転車がメインなのか、このパーティーの方を目当てに来ているのか分からないくらいです。

 

そんな中、すぐ近くに自転車をこぎ続ける人がいるのを見ると、何か不思議な気もします。一つの祭りの中でこんなにも対照的な景色があるというのは少し異様というか、何でもありなのか、という感じを自分は受けました。

 

それにしても隣でパーティーが夜通し行われていたり、飲みつぶれている人もいる中(実際多くの人が飲みすぎで臨時でつくられた病院に運ばれたそうです)、自転車をこぎ続けるモチベーションはなかなかすごいと思います。これが同じ町で同時に行われているというのが本当に面白いですね。

f:id:guchiBlog:20171030043013j:plain

 

このお祭りを授業のある平日にやってしまうところがまた何とも言えないですね。あまり気にしないのでしょうか。

なんにせよ日本ではあまり経験したことがなかったので面白かったです。

ベルギー留学 41週目

 

41週目です。

 

最近は日が落ちるのが早くなってきて、気温もどんどん下がってきました。もともと寒いのがあまり好きではないので、これから冬になっていくのが少し残念です。部屋ではヒーターをつけていますが、外を歩くのがめんどくさくなってきました。

 

それでも今学期からは週に3回スポーツセンターに行って、サッカーとフットサルをプレーしてます。部屋から歩いて20分ほどかかるのです、仕方ないですね。

f:id:guchiBlog:20171023060104j:plain

フットサルはこんな感じで室内で行います。毎回20人弱くらいの学生が集まって一緒にプレーをするのですが、周りはほとんどベルギー人です。

フランス語の中で何とかプレーしているのですが、自分では右とか左くらいしか聞き取れなかったりするのでしんどい時もあります。

自分が参加しているグループは、初心者でも参加できるくらいのレベルなのですが、皆とてもうまいです。特に黒人の学生は体つきも違いますし、ドリブルもすごくうまい人が多いですね。

f:id:guchiBlog:20171023060120j:plain

最初はみな知らない学生ばかりでしたが、それでも最近は毎回話す人も何人かできて、より楽しくなってきました。外国人と一緒にスポーツをする機会は普段あまりないのでかなり刺激的です。それぞれのプレーの癖とかを見つけながらうまく連携することができたときは、すごく楽しいですね。

 


そんな今週は映画をいくつか見ました。 

映画を見たといっても映画館に行ったわけではなく、ルームメイトの何人かとパソコンで見るという方法です。自分は映画には全然詳しくないのですが、ここで一緒になったルームメイトで詳しい人がいるので、その人のおすすめを皆で見ることにしました。

今週はスタンリー・キューブリックという監督の作品で、シャイニング、フルメタル・ジャケット、アイズワイドシャットの3つを見ました。ちなみに僕はこの監督に関しては全く知らなくて、シャイニングの名前だけかろうじて知っている程度でした。

f:id:guchiBlog:20171023204527j:plain

f:id:guchiBlog:20171023060336j:plainこんな感じで共同のキッチンルームに椅子を持ってきて、映画館っぽくして見ました。しれっと柿の種を配って日本のお菓子を紹介したのですが、評判はまあまあといったところでしたね 笑

 

映画の方はというとシャイニングとフルメタル・ジャケットはなかなか不思議な映画だなと感じました。何か起こりそうで起こらない感じがもどかしかったです。そういう映画なんでしょうかね。

あと、英語の吹き替えの英語字幕で見たのですが、会話が早かったりしてすべては理解できず、2時間集中し続けるのもなかなかしんどかったです。こういうのも慣れるしかないのでしょうね。

 

 

 

最後に、今週は実家からお米を送ってもらいました。先週とれたばかりの新米ですごく甘かったです。

f:id:guchiBlog:20171023060232j:plain

お米がおいしかったので、お茶とインスタントの味噌汁も用意して一緒に食べました。日本の朝ごはんみたいですごくほっこりしました。個人的には卵焼きがあれば完璧でしたね。

 

ということで今週は以上です。

 

ベルギー留学 40週目(鍋、サッカー観戦)

 

ベルギーに来てから40週が経ちました。今年の1月から来ていると思うと、時間がたつのはとても早いような気がします。

 

こんなに長くいた割には自分の語学力や学力がそんなに成長していないような気がして、少し焦りを感じたりもするのですがともかくあと4か月ほど最後まで楽しみたいと思います。

 

今学期の授業は今のところ講義形式が多いのですが、授業の間に少しディスカッションの時間があったりします。前までは学術的な話になるとうまく自分の意見が言えなくてかなり苦手意識があったのですが、最近は気持ち的に少し楽になってきて、話せないなりにもディスカッションを楽しめるようになってきました。

特にアジア地域の歴史や、現在のアジア地域をめぐる政治的な緊張について取り上げる授業もいくつかあって、そういう授業でヨーロッパからの学生や教授がどういう風に問題をとらえているのか聞くのはとても面白いです。まさにこういう機会を得るために留学した部分もあるので、この環境を最大限生かせたらなと思います。

 

 

そんな今週はルームメイトと一緒に鍋を食べました。鍋のスープはもともと持っていたので、いつかみんなで食べたいと思っていたのですが、ようやく実現しました。 

f:id:guchiBlog:20171016000206j:plain

 

新しい寮に来てからよく和食やアジア系の味付けの料理を作るようにしているのですが、意外とみんな好んで食べてくれるので自分としてもうれしいです。

ただ今回の鍋でもそうですし、以前にチャーハンを作った時にも言われたのですが、レタスやキャベツのようなサラダに使われるような野菜を、炒めたり煮たりして料理することに毎回驚かれます。

f:id:guchiBlog:20171016000209j:plain

 

葉物野菜を温めて調理する文化がない国は意外と多いのかもしれませんね。それでも徐々に慣れてきているようで、今回鍋の中にたくさん野菜を入れてもみんなたくさん食べてくれました。良かったです。 

また別の日本料理でも挑戦したいと思います。

 

 

サッカー観戦@ゲント

そして今週はほかにも、ゲントでサッカーの試合観戦にも行ってきました。

KAA Gent(ゲント)  VS  Waaslamd Beveren(べヘレン) でゲントのホーム試合でした。

ベルギーに来てから一度はサッカーの試合を見たいと思っていたので、これで一つ目標が達成されました。そしてなぜこの試合を見に行ったのかというと、両チームに日本人選手が所属していたので一試合で二人とも見られたらいいなと思ったからです。

 

ゲントのスタジアム。

f:id:guchiBlog:20171015194617j:plain

試合は夜の8時半スタートだったので外は暗くなり始めていて、スタジアムはライトアップされていました。きれいですね。

 

ゲントには久保選手、べヘレンには森岡選手が所属していて、今回は両選手とも先発フル出場でした。試合はというとホームのゲントが2-0で勝ちましたが、個人的にはどちらかを応援していた訳ではなく、日本人選手を見るために行っていたのでそういう意味では二人ともフル出場で長く見られたのはうれしかったです。

 

チケットはネットで購入したのですが、実は最初間違って16歳以下のものを買ってしまったんですね。そのことには当日気づいて、スタジアムに入る前にチケットオフィスに聞きにいくと、なんとそのまま正規のチケットと交換してくれました。いくらか追加で払わないといけないかなと思っていたのですが、その必要はなかったです。多分普通に買うより安くは入れていると思うのでラッキーでした。ちなみに16歳以下のチケットは10ユーロでした。

f:id:guchiBlog:20171015194446j:plain

 

スタジアムの中では、ゲントの応援団の中にある席だったのでゲントサポーターのふりをして見ていました。それにしてもスタジアム全体の雰囲気がとても熱狂的で選手のプレー一つ一つに反応する感じが、とても興奮しました。やはりテレビで見るのとは少し違いますね。

 

点が入るとこんな感じです。この時に久保選手も近くまで来たのでよく見れました。

 

その日のニュースで知ったのですが、試合終了後久保選手と森岡選手でユニフォーム交換をしたそうです。

f:id:guchiBlog:20171015193803j:plain

 

やはりプロの試合を見るのは面白いですね。

来月は日本代表がベルギー代表と試合をするそうなので、それも見に行けたらなと考えています。

試合を見た後は自分もプレーしたくなるもので、今は来週のフットサルが待ち遠しいです。

 

ということで今週は以上です。

 

 

 

ベルギー留学 39週目(米の食べ方の違い、トゥルネー)

39週目です。

 

ベルギーは早くも寒くなり始めていて、夜にはヒーターをつけるようになりました。日が落ちるのも以前に比べると早くなってきているので少し残念です。曇りがちな日が最近多いのも気になります。

 

最近は少しずつ毎週の授業と課題のペースにも徐々に慣れてきて、ようやく落ち着いた感じで過ごせるようになってきました。

現在は週に2,3回サッカーやフットサルをしているので、前期に比べてメリハリがあるように感じます。いくら課題が多くても、ずっと勉強するより体を動かす時間があったほうが勉強にもより集中できるので、今学期はすごくいい環境で過ごせているように思います。前学期も何かスポーツをすれば良かったかなと今は思っています。

 

 

そして以前にも少し書いたかもしれませんが、今住んでいるところは自分の他に3人のルームメイトがいます。それぞれ台湾、イタリア、ポーランドからの留学生で、よくご飯を一緒に食べたりします。前の学期はあまりそういうことをしなかったので今回はいい部屋に入れたなと感じています。

そこでイタリアの学生が話していて面白いなと思ったのが、ベルギーでのあいさつの方法です。ベルギーの学生を見ていると、道で友達と会った時には頬にキスをするのが一般的なんだと思います。1回だけする人が多いように感じますが、たまに2回している人も見かけます。

イタリアではあいさつの時には2回頬にキスをするので、1回だけだとすごく違和感を感じると言っていました。回数が違うだけで意味合いも少し変わってくるのだそう。

日本ではそういう文化はないのでどちらにせよ違和感はあるのですが、ヨーロッパの中でもやはり違いはあるのだなと、改めて思いました。

 

もう一つご飯を食べていてよく思うのは、4人ともよくお米を食べるということです。それぞれが自分のお米を買ってくるので、棚には常に大量のお米がストックされています。最近はみんなでシェアをするようになってきたので買いすぎることはなくなってきましたが、一つの炊飯器を皆が時間をずらしながら交互に使う感じはなんだか不思議というか面白いです。

f:id:guchiBlog:20171009044547j:plain

f:id:guchiBlog:20171009044553j:plain

 

皆お米を食べるといっても食べ方は全然違います。ポーランドからの学生はお米を炊くときにズッキーニやナスも一緒に炊いて、お粥みたいにしたものをよく食べています。たまに少しもらうのですが、正直味が薄くてもっと味付けをしたらいいのになと毎回思っています 笑

その子は、他にもご飯の上にレーズンとリンゴジャムをのせるという方法でよくご飯を食べています。

f:id:guchiBlog:20171009044956j:plain

一度一緒に食べましたが、なかなか不思議な味でした。ポーランドではよく食べるそうですが、これはあまりあわないかな、という印象です…

 

イタリアからの学生はトマトソースとご飯を一緒に煮込んで、その上にチーズをのせてよく食べています。これはなかなかおいしいなと思いましたが、これも日本にはあまりない味で最初はちょっと戸惑いました。

 

そして僕と台湾からの学生はよく一緒にチャーハンを作ります。二人とも中華料理の味付けが好きなので一緒に食べたりするのですが、チャーハンはヨーロッパの学生にとってはあまり見ないもののようで、特にイタリアの学生はかなり引き気味です。ポーラランドの学生はおいしいといってたくさん食べてくれたので良かったですが。

 

それでも今のところ皆仲良く暮らしているので楽しいです。食べ物やドライヤーなどシェアしてるものも多く、ちょっとした家族のような雰囲気ですね。

 

 

トゥルネー

f:id:guchiBlog:20171009013919j:plain


そんな今週はフランスの国境近くにあるトゥルネーという小さな街に行ってきたので、そのことを書いていきたいと思います。

実はすごく歴史のある街でかつてはフランク王国の首都にもなっていたようです。

ここにはベルギー7大秘宝の一つであるニコラ・ドゥ・ヴェルダン作の聖母マリアの聖遺物箱があって、これを見ることが一番の目的でした。日本に帰る前に7大秘宝すべて見るのが目標なのですが、間に合うでしょうかね…

 

 

ということでまずはノートルダム大聖堂に行きました。

f:id:guchiBlog:20171009013933j:plain

f:id:guchiBlog:20171009013904j:plain


外見の半分は工事中になっていましたが、中はすごくきれいでした。特にステンドグラスの模様が印象的でしたね。近くで見ると本当にきれいでした。

f:id:guchiBlog:20171009014016j:plain

 

そしてこの大聖堂の奥にあるTreasure Roomに聖母マリアの聖遺物箱があるということで、行ってみました。ちなみにそこに入るには2,5ユーロかかりました。Treasure Roomの中には他にもタペストリーや絵画などたくさんの美術品が飾られていて、もちろん聖遺物箱もありました。残念ながら写真を撮ってはいけないということだったのですが、ポストカードがあったのでその写真だけ載せておきます。

f:id:guchiBlog:20171009051128j:plain

この聖遺物箱に限らずですが、ここに飾られている装飾品などは金や銀で作られているものが多く、まぶしいくらいでした。本当に豪華なコレクションでしたね。

ちなみにこの大聖堂は世界遺産に登録されているようです。

 

次に向かったのはトゥルネー美術館です。

 

f:id:guchiBlog:20171009013638j:plain

一階のみが美術館になっていてそこまで大きくはなかったですが、人も少なくて全体的に落ち着いた雰囲気で見ることができました。

f:id:guchiBlog:20171009014030j:plain

f:id:guchiBlog:20171009014055j:plain

f:id:guchiBlog:20171009014130j:plain

入場料は2,6ユーロで安かったです。いくつかManet(マネ)の絵画も飾られていました。

 

その後は民族博物館に行きました。

f:id:guchiBlog:20171009013800j:plain

入り口は見逃しそうなくらい小さかったです。

ガイドブックには入場料がかかると書かれていたのですが、行ってみると無料で入ることができました。ラッキーですね。

 

ここでは昔の市民の暮らしぶりをみることができました。

無料で入れるところとは思えないくらいに凝った展示がされていて、そても面白かったです。

f:id:guchiBlog:20171009013745j:plain

f:id:guchiBlog:20171009013721j:plain

f:id:guchiBlog:20171009013706j:plain

f:id:guchiBlog:20171009013652j:plain

それにしても人形がリアル。

 

 

最後はGrand Placeという広場を通って帰ってました。大体どの街に行ってもGrand Placeという名前の広場はありますね。ブリュッセルのが一番有名ですが、僕の通っている大学の近くにもあります。

 

トゥルネーのGrang Placeはこんな感じでした。

f:id:guchiBlog:20171009013833j:plain


古くからの建物に囲まれていて、レストランもあったりして雰囲気はすごくよかったです。

 

全体的に小さな街でしたが半日でゆったり回るにはちょうどいいくらいでした。

f:id:guchiBlog:20171009013850j:plain

 

ということでちょっと長くなりましたが今週は以上でfす。